鳥は飛べるけど俺は飛べないから負けてる

 

三連休にプラス一日の夏休みを使って四連休が終わりかけのどんよりとした気分。午後五時あたりが一番何もする気がおきない。phaの本を読み返していた。「第一章 働きたくない」からはじまるのが笑った。

 

<例えば「鳥は飛べるけど俺は飛べないから負けてる」とか「自分より屋久杉のほうが長生きだから屋久杉のほうが偉い」とかいうことで悩むのはバカバカしい。それと同じように自分の生き方や価値基準を他の人間の生き方や価値基準を全く違うものだし、他人と自分を比べても仕方のないものだと思う。> 

「持たない幸福論」pha

 

例えば、のあとの比喩が輝いていてそのあとの内容があたまに入ってこなかった部分。このスケールで自分と何かを比べでいる人は豊かなんじゃないか。