もういちどベルベルウイスキーを

1月1日にモロッコのベルベルウイスキーという砂糖がたくさん入ったミントティーをみんな酒がわりにガブガブ飲むので歯がない、ということを書いたら、またモロッコの番組がやっていて、それがベルベル民族の遊牧民を探しにいくというものだった。ベルベルというのは民族の名前だったんだ。写真家のヨシダナギが「モロッコの人って本当にどこいってもそのお茶を飲んでて本当に歯のない人が多いんですよ」と言っていた、参考写真に出てきた笑顔の老人の歯は口の中の中央の方から蜂の子が顔を出したみたいに数本だけわずかにあるだけで歯茎がどこだったのかも分からなかった。

 

酒が飲めないからベルベルウイスキーを飲んでいるという説明がここでもされていたが「イスラム飲酒紀行」を読んでからは、それも信じられない。みんな普通に酒を飲んでいる。夜に隠れて酒を飲み、昼にベルベルウイスキーを飲んでいるのだ。