ぼうっとしておるわけではない

小諸そばでかき揚げのそばがくると思って待っていたが出てきたのはカレーうどんだった。券売機でそのボタンを押そうとしていたのが直前に方針転換をしたのを席に着いた時点で忘れていた。ぼうっとしているということだが、実際は無というよりも、煩悩で頭の中がいそがしく思考がポイントで点滅するように働いて選んでいる。この状態が続くとどんどんだめになっていくので気をつけないとならない。

 

坂口恭平の躁鬱の鬱が長引いているようだ。Twitterにも復帰しない。先週生存確認ツイートだけしていた。「アポロン」はあまり好きじゃないので、「新しい花」をこのごろはよく聴いている。坂口恭平が死んでいるときのほうがアルバムがいい歌に聞こえる。