絶対に酒を持ち込んだほうがいいかき小屋

 

焼肉は年齢とともに食べるのがキツくなる。年老いてからの趣味を見つけるとくだらないものになるから若いうちから年老いてもできる趣味を見つけておくのが大事というのは食べ物にも言えることだと思った。会社の同僚は食べ物でいちばん好きなものは牡蠣だと言った。この同僚は仕事中に全然違うことをしていたり不合理なやつだが食べ物に関しては合理的だ。同僚が牡蠣は一生食えると言っていた。

 

私は寿司も好きだが断然焼肉で一位を譲ったことはない。フォアグラが一位になったことがあった。しかし焼肉は別格で、フォアグラは焼肉をのぞいて一位ということだろう。焼肉に並ぶものを見つける。舌をそのように育てること。両親が長いドイツ旅行から戻ってきて外食に誘われて私は実家に行って母のiPhoneのアップデートをしてからかき小屋という牡蠣居酒屋に行った。

 

姉が言っていたが最近は結構酒持ち込みのチャージがやすいところがあるらしくて、かき小屋も一人600円で酒持ち込み自由だった。電話で予約を父がとったとき、店員は「絶対に持ってきた方がいいですよ」と言った。冗談を飛ばしなら接客するアグレッシブなスタイルの店員だった。我々は到着して生ビールを頼むと、そこ、歩いたところにコンビニがあるんで、そこで缶ビール買ってきたほうが全然安いし、他の客も皆さん、そうされていますよ、といってなかなか注文をとらなかった。

 

我々は渋る店員に生を持ってこさせた。私あの店員好き、と姉が言った。