謝謝台風

 

台風は中国に向かっていたのが直角に曲がってこちらにきた。台風の夜は窓のガタガタと揺れる音、何か大きなものが落ちる音で4度か5度、目が覚めた。耳栓をつけようとその度に思ったが行動することはなくまた寝て、音に起こされた。親戚の家は1年くらい前にリフォームをして二重窓にして雨の音も聞こえなくなったと言っていた。


目がさめるたびに建物全体が揺れているのを感じる。大丈夫かと不安になるがそこまで本気で心配しているわけでもなかった。


翌朝は青空だった。寒い日が続いていたが外国のリゾート地の夏のように気持ちよかった。会社に行く前に家の周りを歩いた。朝の空に白い月が出ていた。線路に木が倒れたらしく運行が制限されて一駅ごとに止まる満員電車に嫌気がさして、途中の駅でおりた。もう二度と会社にいきたくないと思ったが途中の駅の改札から外に出てまた十分ほど散歩すると気持ちが回復してきた。電車に乗り直して会社に向かった。