一度口に入れたものを出すか出さないか

 

最近、食事をしていてお腹がいっぱいでもういらないなというときに普通に残すようになった。これまでも半分くらいで食べたくなくなったときは食べなかったが、問題はあと少しのところで満腹を迎えたときだ。残り一口でも残してもいいんだと思えるようになった。我慢して口に詰め込む必要はない。

 

大学のころに先輩と牛丼屋に入って、先輩は大盛りを頼み、三口ほど食べたところで腹がいっぱいになった、そもそも腹が減っていなかったと言って残した。じゃあなぜ大盛りを頼んだのか。全く理解できないといいたいところだが理解できる気がする。私は小食だが腹が減っていないのに飯屋に入って困ることがある。苦しみながら食する。そんなことはしないでいいのだ。一口だって食べないでもいい。周りの評判が悪い人だった。私は好きでも嫌いでもなかった。会えば結構楽しく話した。

 

本当は、満腹を感じたときに口に入っているものも飲み込みたくないが、さすがに口から出したりはしない。そこに一線がある。いつかその一線をこえるときもくるかもしれない。口に入れたものは責任をもって飲み込んでいきたい。死んだじいちゃんは母親に、一度口に入れたものは青酸カリでも飲み込めとよく言っていたらしい。