おいしくなかったら、おいしい、だけでいいんじゃないかな

●仕事で広島に行ってひさしぶりにビジネスホテルのシングルに泊まった。子供の頃はホテルに住むのが夢だった。いまは叶わないことがわかっているのでもう夢とはいえない。朝、近くのセブンにコーヒーを買いに行くと、ホテルの前の通りが小学生たちの通学路で、途切れることなく制服の小学生たちが歩いていた。警察官が通りを見張っていて、楽しそうに小学生たちに挨拶していた。

 

●春のように暖かくダウンコートが暑かった。宮島の鹿たちは、奈良の鹿よりおとなしい。鹿せんべいなどが売っていないためである。どの鹿も眠そうだった。目に入った鹿をすべて撫でながら歩いた。鼻を服につけられてべっとりと汚れた。

 

●「人類滅亡の唄」深沢七郎

《菊水西町で泊まっていたときだった。前の宿の二階で、
「根室は涼しいぞ、寒いくらいだ」
 と言う話し声が聞こえてきた。私は窓から首をだして、
「根室はそんなに涼しいですか?」
 と大声で騒いだ。
「ああ、涼しい。けさ根室から帰って来たばかりだ」
 と言う。(そうだッ)と私は立ち上がった。そうして私はすぐ根室へ行くことにきめた。
 釧路までは行ったことがあるので汽車で行って、そこから、私は下駄バキで歩いた。根釧原野と呼ばれる不毛の湿地帯だが、広い草原で道もなく誰もいない。逢うのは野花の群ばかりである。八月の中旬というのに開拓地の畑は菜の花がいまさかりである。誰もいない草原に深い霧は魔法のように忽然と目の前に羊の群を現すのである。黄色い除虫菊の群生も、桃色のげんのしょうこの花々も、名もしらない野生の群れは黙っているが、あざやかに咲いている。血のしたたるような真紅の花の房は、ナナカマドの実なのだ。吐息で染まったようなサビタの花は林のように続いているのである。》

 

●「坂口恭平躁鬱病日記」坂口恭平

《二週間ほど前にアオと話をしていて、おいしいものを食べたら「すごいおいしい!」って言ったらもっと喜ぶよと僕が言うと、アオが「おしくなかったら?」と聞くので、僕は「おいしくなかったら、おいしい、だけでいいんじゃないかな。おいしくないと言うと作ってくれた人も悲しむから。でもそれじゃアオも落ち着かないだろうから、俺にだけは小さい声で、あんまりおいしくなかったといえばいいんじゃないかな」なんて話をしていた。》

 

●「意味をあたえる」ブログ

《感想というのはとにかく自分の言ってもらいたいことを待つだけでそれ以外の言葉は聞き流してしまうものである。》

いつまでも自分の番号が呼ばれない現象

●役所に手続きをしにいくと、私だけ呼ばれないでいつまでも待たされた。私のまわりに座る人たちは、私よりもずっとあとにきて、適当そうに椅子に、足を組んで腰掛けて、座ったと思ったらにすぐに番号が呼ばれ、人の脚を避けながら急いで受付に向かった。ポケットに入っている3桁の番号が書かれた紙を、何度も出して確認した。

 

●iPhoneで深沢七郎の最近再販された「人類滅亡の唄」を読んだ。随筆と小説を行き来するような本である。役所のベンチと深沢七郎の相性は悪く、内容が頭に入ってこない。血液を売ろうとして、人からハンコを借りて、血液病院にいき、血液を抜いてもらうつもりが、注射が痛くてひいひい言っていると、一緒にいた青年が、それはまだ検査用の注射で本番はもっと太い針が使われると言い、深沢七郎は病院から逃げて、、、それで何か別の話があって、北海道まで逃げることになって、、、なんでこの話になったのかかなり集中していないと覚えていられない。覚えていないでもいいような気もするが。

 

●役所の手続きが終わると疲労感で何もしたくなくなった。味の濃いものを食べたいと思って、ひさしぶりに焼きそばを食べた。

ストロングセブンよりもいい酒がある

●数年通っていた美容院が、値上げと増税で、二度値上げをしたので、毎回通うのもかなり厳しくなった。別の美容院であたりをつけていたところに行ってみたらすごくよかった。美容師はラグビーの笑わない男に顔が似ている。その人も笑わないし、しゃべりかけてこない。仕上がりも無難な感じでいい。
「ポテン生活」の4コマで、しゃべりかけない美容院をコンセプトに始めたら流行ったという話があった。
値上げした方の美容師はとにかくしゃべりまくり、しゃべっているあいだは手がとまるので、かなり時間がかかって美容院を出たあとは疲労感がある。しかしまったく行かなくなるということもないだろう。コンビニとかでばったり会う。だから行くというわけではないが。

このあいだ、しゃべるほうと駅前のファミリーマートであったとき、彼はストロングセブンを買うところで、私は、ストロングセブンよりもフォーナイン(99.99)の方が美味しいですよという話をした。

ほかにすることがなかったから

●沢尻エリカの公判の証人の証言
「(治療については)スタッフがびっくりするほどまじめにやっています。ほかにすることがなかったからかもしれませんが」
まじめにやろうとするより、ほかにすることがない状況をつくりだすことだ。